スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
日比谷公園ガーデニングショー 2010
日比谷公園ガーデニングショー。こちらは、ライフスタイル部門・コンテナガーデン部門・ハンギングバスケット部門・ガーデン部門に分かれています。たくさんの作品から個人的に気になったものを紹介します!

やさい



やさい2


ライフスタイル部門から。最近のブームのせいか野菜を使った作品が多かったように思います。お花だけでなく、野菜もお庭にあると良いですね。実用的かつ見た目もお花に負けず、色とりどりできれいでした。

上の写真、マットの左となりの白い木箱のさらにとなり。麻布のバックに植えられたレタスかな?とってもかわいいと思いませんか?真似したいなー。


コンテナ


続いて、コンテナ部門。一番気になったコリウスです。とっても印象に残りました。なんともいえない色合いで、何色って言ったらよいかな~黄桃のような微妙な色合い。強い色ではないけど、インパクトありませんか?



同じくコンテナ部門から。アイアンに植え込んだ多肉の作品。王冠・くるカラとアヒルの置物。雰囲気だしてます。

日比谷・ハンギング


最後にハンギング部門から。今回、コリウスにひかれました。こちらも、黄緑と紫の色合わせにツンツン飛び出しているミスキャンタス。スッキリまとまったステキな作品だなーと思いました。


スポンサーサイト
【2010/10/30 18:35】 | ショウ&展覧会 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
丸の内GS 2010 ハンギング
前回に続き、丸の内仲通りガーデンショー2010。

通りのあちらこちらに大きくてステキなハンギングバスケットが飾られています。夏の時も書いた気がしますが、周りの景色とも調和していてこれまた素晴らしい~


とにかく作品の数々ご覧ください。


5.jpg


ベゴニアやタマシダの組み合わせ。乱れた所がないハンギングですね。ベゴニアってあまり好きな方ではないのですが、こうやってハンギングにすると新鮮。

4.jpg


こちらは、ピンクのミニアンスリウムが可愛かった作品。写真だとわかりづらいかなー。左上や右下、流れるようなアンスがポイントなのかな。

3.jpg



6.jpg


上2枚の写真。植えている植物は違うし色のトーンも全然違う。でも共通点を感じませんか?

線であるコルジリネとオリヅルラン?(違うかも)ベゴニアの花の色が点々とあり、全体は緑の観葉植物、タマシダやドラセナゴットなど面で締めている。線・点・面。こういう作品好きだなー。 

1.jpg


2.jpg



最後の2枚は ハンギングバスケット + 景色 何度みても、丸の内の雰囲気にハンギングは良く似合います。月並みですが、映画のワンシーンのようです。ちょっと、郵便局の車が邪魔だけど… 
【2010/10/28 20:50】 | ショウ&展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
丸の内仲通り ガーデニングショー2010
昨日、東京のガーデンショー巡りしてきました。まずは、「丸の内仲通り ガーデニングショー2010」コンテストガーデンから。

“文化×コミュニケーションガーデン~会話をたのしむ街角~”をテーマに、公募審査で選抜された15名の方々が出展していました。

アトリエ朴


こちらが、ガーデンジュエリー大賞受賞作品。全体の中で一番、葉の色やの形がはっきりしていて、うるさい所が感じられないスッキリした印象。立ち上がるススキやこんもり茂ったヒューケラの配置がよくて、参考にしたい所がたくさんありました。

HARU.jpg


次は、多肉を使った作品。秋のこの時期なので、紅葉した草ものや日本の植物、紫式部や藤袴・シュウメイ菊など和テイスト満載の作品が多い中、眼をひきました。多肉好きにはたまりませんね~。

笹原G


笹原G2


最後に、銅賞の作品です。丸の内らしくキラキラバックやハイヒールと苔のコラボ。不思議と違和感ない作品。ダリア黒蝶の色もきいています。

そして、作品をみているとちょこちょこっと手直しする女性がいて、声かけてしまいました。ウラ話を聞くと、このガーデン、周りのお店が閉まってから次の日オープンするまでの夜だけ。2日で作品を仕上げるそうです。光も少なく懐中電灯を照らしながら、現場で苔を張っていったということです。コンテストに標準をあわせ、ベストの状態の植物でガーデンを作る。緻密な計算が必要なんでしょうね。

テーマガーデンから
庭園デザイナー 石原和幸さんのガーデンです。

緑の扉


緑の扉2


イギリスでは「モスman」と呼ばれ苔を使った庭でチェルシーに挑戦する石原さん。お得意の苔が巧みに使われています。植栽も和のものが多く日本人が懐かしいと思う雰囲気いっぱいです。

まだまだ仲通りのハンギング、日比谷公園ガーデンショー 写真いっぱい撮ってきました。整理してまた紹介したいと思います。お楽しみに!


追伸 ご存知の方も多いとおもいますが、今週BS-hiでガーデン特集やっています。偶然にも、今夜10時からの ハイビジョン特集「世界最高の庭作り~石原和幸」が放送です。再放送で、1度みてはいるのですが、楽しみです♪
【2010/10/25 22:52】 | ショウ&展覧会 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ハロウィンのアレンジ♪
だいぶ寒さを感じるようになってきました。うれしー ハロウィンまであと少し。といってもハロウィンの習慣はありませんですが、かぼちゃのディスプレイがあちらこちらでみられるようになり、秋を感じさせてくれます。ほっこり気分到来です。

そこで、うちの中もかぼちゃアレンジです。
花材は、ベースの飾りかぼちゃ、ガーベラ、秋あじさい、SPバラ、スカビオサ、トウガラシです。


ハロウィン


作り方は簡単なので興味のある方。是非チャレンジを!

①まず、かぼちゃのふたになる部分を切り落とします。そして、タネとワタを取り除きオアシスをいれられるようにします。さらに、長さ3.4センチくらいの針金を2本用意し、本体とふたをパクッて口がひらいたように針金で挿し止めます。(ミニかぼちゃですから、オアシスも高さ2センチ、直径5センチくらいです。)

②オアシスがセットできたらガーベラです。花の大きい方を短く、小さい方をやや長めに挿します。

③次にアジサイをオアシスが見えないように挿し、全体のベースにします。多少高低差をつけた方が見栄えが良いかも。

④さらに、バラをアジサイの中に埋めるように挿します。くすんだアジサイの中にピンクが入るとちょとしたアクセントに。

⑤最後に、スカビオサ、トウガラシをバランスよくさして、出来上がり!

なーんて、偉そうに書いていますがバランスよくというのが難しいですよね。先生と私の作品を比べると何かが違いますから。そこが、積み重ねてきた努力とセンスの差なんだろうけど。

ハロウィン2


正面からみると、こんな感じです。(どうも、いけてる時からハンバーガーにみえてしょうがない…食欲の秋です。)

飾る時は、上の写真。やや後方斜め45度の角度が良いとの事。ふたがみえた方が可愛いんですね。
【2010/10/20 19:45】 | アレンジ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
~棚~ 仮の完成
先日、購入した棚の整理がやっと完成しました。

上段には、寄せ植え、中段・下段には使っていない鉢を置いてみました。でも、なんか納得いかない感じが…その何かがわからないので、とりあえずこのまま様子見。

棚


さらに、toshiena-gardenをちょっと改装したく、第1歩として、足場を作りました。以前から、足場欲しいなとおもっていて、実家にちょうど良い鉄板が。そのままでははげている所もあるし、見た目ブッブーだったので、ペイントしました。ブルーグレーが理想だったのに、最初は眼のさめるようなブルーに。やっぱり違うと思って、もう1度塗り直しました。日の辺り具合で色がわかりづらかったですね。でも、今回は良い感じに仕上がりました。

足場1



足場2


柘植の生け垣が前面にあるので、その裏のやや日当たりの悪いスペースは、ほぼ手つけず状態でした。が、斑入りベアグラスの鉢を置いたり、ぎぼうし、タマシダを植えたらちょっと明るいスペースに。

調子に乗って、アルケミラやユーフォルビア、ヒューケラなど植えてみました。まだまだ、小さいけど元気な大株に育ってくれるようお世話したいと思います。


【2010/10/19 12:10】 | Garden | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
お稽古
今日のお稽古。
花材はつる梅もどき、バラ、トルコキキョウです。白い器を2個使いちょっとアレンジっぽい、いけばなです。


バラ トルコ


器も含め全体が淡ーい色と緑の組み合わせなので、自分で言うのもなんですが清楚な感じに仕上がっています。そしてこのバラ。とっても気に入りました。蕾の状態で花の部分の全長6センチ、直径5センチ大きい~花びらも多く開いたらボタンとか芍薬っぽい感じになるんじゃないかと想像中。頑張って挿し木してみようと思います。
【2010/10/16 12:00】 | いけばな | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
新月のタネまき…その後
先週、8日の新月にまいたタネ達。その後の経過報告です!


タネ 木箱


まずは、木箱組から。
こちらには、アーティーチョーク・クラスペディア・ニゲラ・ルッコラ・マスタード・コスレタス(シーザーサラダに使う半結球のレタス)・ペニーロイヤルミントのタネ(これは蚊が嫌うときいたので)をまきました。ほぼ発芽完了の中、ニゲラだけはまだでてきません。自家採取のタネだけにちょっと心配?

そして、手前のタネまき容器はなんと、お茶パックです。遊びに行かせていただくちぃちぃさん・tomoさんのブログで紹介していたので真似しちゃいました。これはとっても効率的。鉢上げしなくて良いし不織布だから、そのまま植え込んでもOK。


タネ アーティーチョーク


1番心配だったアーティチョーク。可愛い芽がでてきて一安心。アーティーチョークはタネが固いので、1晩水に浸してからまくと発芽率が上がりますとお店の方に教わりました。直接、地面に植えたものも本日芽を確認。発芽率100%かも…


タネ レタスミックス


こちらはレタスMIX。バタークランチ・ブルーニア・レッドボストン・サラダボールなどが混ざっているようです。
まだ、みんな同じような芽ですが、もう少し大きくなると個性がでてくるかな?

という事で新月のタネまき大成功です実はタネまきが苦手な私。播いても芽がでない事があったのですが、こんなにうまくいったのは久しぶりで新月効果に違いないと確信。なのに、うちのダンナサンは「たまたま条件が揃ったんじゃないの?」だって。なんてつまらない現実主義人間

【2010/10/15 21:21】 | Garden | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
バジルペースト
バジルの季節ももう終盤。という事でバジルペースト作りました。
3連休の前からどこかで作ろうと計画!(まぁ計画という程のものではありませんが…)やっと、お天気になった今日計画実行!

ベジタブルガーデンより大きくなったバジルの葉を山ほど摘んで、キレイに洗い水が切れるまで待つ事数時間。


バジル


フードプロセッサーにバジルの葉をちぎって放り込み、パルミジャーノレッジャーノ、ニンニク、松の実、オリーブオイル、塩、を加えあとはガーガーとやるだけですね。


バジル2


ペースト状になったらジップロックに入れ薄くのばして冷凍。菜箸などで線を入れておくとポキポキ折って使えるので便利です。キレイな緑色のバジルペースト出来上がり♪

【2010/10/11 20:16】 | 雑記・その他 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
玄関前の様子
おとといから、畑・庭を秋用にシフトすべく作業中。

夏野菜をかたしたり、花木の剪定、草とり、ペイント、植え替えとやる事いっぱい。でも、作業は楽しく止まりません。昨日、8日は新月でした。英国園芸研究家 吉谷桂子さんのブログで新月にタネまきをすると、植物が良く育つとか、虫がつきにくいという説があるとの記事がのっていました。それが、ホントなのかはわかりませんが、月の満ち欠けによる不思議な力ってある気がしてなりません。そこで、私も満を持してタネまきに挑戦。うまく育つと良いのですが…結果は後日。

写真は、1週間前くらいのもの。玄関前の様子です。

玄関前 横


ユリオブスデージーやサルビアが満開です。黄色と紫の組合せ、派手派手だけど、花の色合わせでは許せちゃうから不思議!

玄関前 縦


後ろに見える木は、レモンユーカリ。葉がとっても良い香りです。タネから育てたのにみるみる大きくなってしまいました。

【2010/10/09 21:50】 | Garden | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
昨日の続き…森のバッタ
昨日に続き、青葉の森公園 緑の相談所での出来事。

いろいろ展示物などをみているとおじ様に「バッタ作っていきな」と声をかけられました。「何っ?バッタ」って思ったんですが、「この葉っぱでバッタを作るんだよ」と言われ、くいついてしまいました。

バッタ

教わりながら完成した リアルバッタ。如何ですか?若干どころではなくだいぶ不器用さと大雑把さが目立ちますが、よしとします。

バッタ2



バッタ3

編みはじめはここから。これ何の葉っぱだと思います?





正解は 「シュロ」の葉です。

【2010/10/04 13:41】 | お出かけ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
森の木の実
ブログの更新久々です。昨日、関門だったいけばなの試験が終了しました。結果は聞かないでください(>_<)

試験は、関東信越地区在住の方が中心に集まっていたのですが、260名程の参加という事でした。筆記60点、実技(瓶花)100点、実技(盛花)100点の合計260点満点中225点以上で優秀賞が頂けます。結果は、採点が厳しいのか、技術力不足か、優秀賞は8名という結果でした。キビシー

自分としては割と力はだせた気がするので、結果は結果として受け止めようと思います。また、来年頑張ろうっと。


話しは変わって、今日はウチの旦那さんがお勤めしている会社の野球チームの試合があるという事で、千葉の青葉の森公園に行ってきました。試合の間、私は公園内をウロウロ。気候も良いし緑の中の散歩は気持ち良い~そして、公園内に緑の相談所があり、その中の展示物に眼が釘付けになりました。


シダーローズ


みて下さい。この松ぼっくりみたいなの。めちゃくちゃ可愛くないですか?
ご存じの方も多いかと思いますが、シダーローズです。名前は聞いた事があったのですが、初めてみました。下の写真 ヒマラヤ杉の下の方がタネとして飛び、残った部分が開いて松ぼっくりのようになるそうです。(正確には、杉ぼっくりですね)その形が、バラのように見えるからシダーローズと呼ぶそうです。ホントに可愛い~♪


ヒマラヤスギ



モミジバフウ


木の実がいろいろ飾ってあって、リース作ったら可愛いだろうなとか…想像が膨らみます。
まだ、シダーローズ拾いには早いようですが、地面とにらめっこしてシイの実を拾っていたら、「怪しい人みたいだよ」と旦那さんに注意を受けました。でも、そんな事気にしてられません。時期がきたらシダーローズは絶対拾うんだと心に誓ったのでした。
【2010/10/03 21:31】 | お出かけ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。