スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
どたばたイギリス旅行記 END そして 祝 1周年!
どたばたイギリス旅行記 総まとめです。


毎度の事ですが、我が家はどうもギリギリにならないと2人共動かない。その結果、今回の旅行も「予約とれないかも~」「どうしよう」の日々でした。出発が11月6日なのに、予約完了したのが10月28日。まさに、ドタバタ状態で、日本を出国し、いざ、イギリスへ!

L4-3.jpg


まだ何も知らない、イギリスの印象は。歴史の古い国・大英帝国は、ちょっと保守的?よそ者はあまり受け入れない?などと勝手な思いを抱いておりました。が、私達が出会った(出会ったという程ではありませんが)イギリス人は、まず駅の窓口のおじさん。£14.40ピッタリ、小銭を使おうとじゃらじゃらだしても、嫌な顔ひとつせず「Perfect!」と。翌日も切符を買おうと、こちらは英語で「two tickets」なのにあちらは「2枚ね」と日本語で。街中では、道に迷い2人で地図を見ていると、映画・羊たちの沈黙のアンソニー・ホプキンス似の方が、「Are you lost?」そして、親切に道を教えてくれました。やさしい~。他にも、タクシーの運転手さん、駅員さん、もちもん、ベス・チャトーGの方々。とっても、親切で優しくて、イギリスへの印象は180度転換。


L4-2.jpg

イギリス名物。奥 フィッシュ&チップス/手前 ベイクドポテト!

L4-5.jpg

ダブルデッカーには、公開間近のハリーポッターの広告。

L4-4.jpg


B4-6.jpg

ベス・チャトーGもありがとう!絶対また来るよ!

L4-1.jpg


本当は、飛行機も時間かかるし今回の旅行にのる気ではなかったうちのダンナサン。そして、「ベス・チャトーGへ行く!」と、いつもの事ながら突っ走りだした私に、内心 2人で行けるのか?タクシーでどっか知らない所に連れていかれないかと相当心配していたようです。(後から、聞きました(>_<))
そんなダンナサンも、段々イギリスの人や街に魅了されたようで今や、ややイギリスかぶれ

やっぱり、旅には行った方が良い私も元気のエネルギー、チャージ完了で、これからまた頑張っていこう。付き合ってくれた、ダンナサン、出会った人々、そしてブログを見て下さった方々に感謝感謝の旅となりました



追記 

祝 1周年!

本日11月27日は『本日も、花日和…』を立ちあげて1周年になります。
最初はどうなる事かと思っていましたが、これまで、コメントを下さった方々、ブログを見に来て下さった方々、
本当にありがとうございます<(_ _)>こちらも、感謝感謝です
そして、これからも花日和情報発信していきますので、
どーぞよろしくお願い致します(*^^)v
スポンサーサイト
【2010/11/27 00:00】 | お出かけ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ベス・チャトー・ガーデン ラストです!
ベス・チャトーG ラスト報告です。

駐車場からエントランスに向かう途中にあるのが、Gravel Garden(砂利の庭)。イギリスでは夏の間、ここ最近の温暖化などで、ガーデンに水撒き禁止の地域があるそうです。今後の事を考えGravel Gardenでは、水を与えなくてもいきていける植物を試しているそうです。
この先、日本も水撒き禁止の可能性もないとは言い切れませんよね。この夏も異常に暑かったし!人間が、壊してしまった地球、これを元に戻すのは緑を増やすのが1番良いのかな。そうすれば、微生物が増え虫が増え、鳥や動物が増えて上手く回っていくのかな~なんて漠然と考えます。

B4-1.jpg


Gravel Gardenの中で、一際眼をひいた木です。なんて名前の木でしょう?ムクムクでかわいい。

B4-2.jpg


右がカフェで左が売店。奥がナーセリーになっています。時間があれば、カフェにも寄りたかった。

B4-3.jpg


B4-4.jpg


ナーセリーでは、日陰の庭用とか乾燥した庭用とか、用途別に植物が並べられていました。こういう、置き方だと自分の庭にあった植物を選びやすいし、失敗も少ないかもしれませんね。ちょっとした事だけど、日本でこういう展示の仕方をしてるお店ってみた事ないかもと思いました。
そして何よりここで、苗を思いっきり買いたかった近くにこんなショップがあったら良いのにー!

B4-5.jpg


最後にお店の方にタクシーを呼んでもらい、入口近くで待っているとどこからともなくベスネコが。お別れを言いに来てくれたのかな。
ベス・チャトーG、入口を入ってからの植物と光に、ここは天国ではと真剣に思う程でした。ちょっと泣きそうな位、エネルギーを与えてもらいチャージ完了。帰国して2週間が経とうとしている今もテンション高くご機嫌です。今度は初夏のベス・チャトーGに行きたいというか絶対に行く…いつの日か。


ランキング参加中ですご協力お願いします



人気ブログランキングへ

【2010/11/25 22:19】 | お出かけ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ベス・チャトー・ガーデン その3
週末はお騒がせ致しました。今日、サポートの方のお力を借り、無事元の状態に戻りました。
HTMLとかもっと勉強しないといけませんね。(反省です。)

ブログを見に来て下さった方々、見にくい状態でスミマセンでした<(_ _)>
これに懲りず、また遊びに来て頂けると嬉しいのですが…


そして、またまたベス・チャトーGの続きです。シツコイかもしれませんが、キレイな写真がいっぱいとれブログ用にと選ぶのも難しいくらいです。しばし、お付き合い下さい!

B3-1.jpg B3-2.jpg


 
B3-3.jpg


前回同様、光のキレイな写真が撮れました。イギリスの秋晴れの日はこんななのか、たまたま今日の光がやさしいのか、はたまた、ベス・チャトーGだからなのかわかりませんが、美しい
他に、言葉が見つかりません。


B3-4.jpg


こちらは、多肉ちゃん用のハウスです。キレイに整列されたたくさんの多肉ちゃん。みんな居心地よさそうで、可愛いがられているのが良くわかりますね。

B3-5.jpg


こちらは、ベスのおうち。ベンチが味わい深いく印象的。


B3-6.jpg


最後に、繁りすぎた睡蓮の手入れしていたお二人。寒ーい日に大変ですが、キレイに庭を保つには陰の努力があるのですね。左のおじ様は、とっても陽気な方で「It's a sunny day」とか「enjoy garden」を連発!そして「ベス・チャトーは日本で有名かい?」と聞かれたので(あくまでもニュアンスです)、「very famous 」と…知っている単語を並べただけですが、お互い何とか通じたようで、ちょっと楽しい会話の時間でした。
英語しゃべれたら、もっとお話しできたのにー(>_<)



ランキング参加中ですご協力お願いします



人気ブログランキングへ

【2010/11/22 22:21】 | お出かけ | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
お知らせ!
スミマセン<(_ _)> 

バナー追加するのに、ブログをいじっていたら左サイドバーが下に落ちてしまいました。
画像が大きすぎたのが原因かと思いますが、削除しても元に戻りません。現在、必死に修正中ですが、いつ直るかわかりません。お見苦しくて申し訳ありません。
【2010/11/19 23:23】 | 雑記・その他 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ベス・チャトー・ガーデン その2
ベス・チャトー・ガーデンの続き。私が訪れたのは、現地時間で11月10日の11時頃です。前日、強い雨だったので地面はとってもぬかるんでいました。そして、カフェやナーセリーに来る人はいても、ガーデン見学の人はいなく、2人で貸し切り状態!夢のようなベス・チャトー・ガーデン!

B2-1.jpg



僅か、1か所だけですがスノードロップが咲いていました。とっても条件の良い場所なんでしょうね。

B2-2.jpg



B2-3.jpg B2-4.jpg
 

この景色、見て下さい。大きな木達は、今にも動き出しそうなくらいの力強さを感じます。特に、左の柳の木。なんというか、近くに行きたくなる魔力?をもっています

B2-5.jpg


B2-6.jpg

斜めからの秋の光に照らされて、植物達のステキな姿が写真に撮れました。ススキなどのグラス類、花が終わってしまって葉っぱだけの植物もきれいなんですよね。これも、ベスの計算したうえでの事なのでしょうけど、そんな事全く感じさせない。自生した植物のように、自然にずーっと前からこの場所にいましたって感じなんです。不思議~。そして、奥深い


まだまだ、続きます!

ランキング参加中ですご協力お願いします



人気ブログランキングへ

【2010/11/19 21:30】 | お出かけ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ベス・チャトー・ガーデン その1
今回の旅行の最大の目的。それは、ベス・チャトー・ガーデン!

初めての国イギリスで、ダンナサンと私、2人きりでベス・チャトーGへたどりつく事ができるのか?日本で、できるだけネットを使い下調べをし頑張りました。

まずは、ロンドン市内、ホテル近くの地下鉄駅 ラッセルスクエアを出発し、ハリーポッターで有名なキングスクロス駅で乗り換えリバァプール・ストリート駅へ。ここから鉄道でベス・チャトーGのあるコルチェスターまで1時間位。後はタクシーで10分位。

途中、リバァプールS駅でトラブル発生!窓口で、プラットホームは何番か聞いてもわからないという答え。大きな駅でホームはいっぱいあるし、駅員さんにきいたら11番というからいくと、トラブルでまだ決まっていなからモニターに表示されるのを待てと。また聞くと、8番だというから移動すると結局11番ホームからの出発でした。
9時発に乗るはずだったのに結局30分遅れで出発。乗り遅れるかと思った~

イギリスでは、平日オンピークとオフピーク(9時半以降)で料金が違います。早く行こうと思い、オンピーク料金日帰り往復£25.20払ったのに、結局オフピーク時間になってしまいました。(オフピーク料金だと£21.20 そんなに変わらないか) ※ちなみに、これから行こうと計画中の方で英語が堪能であれば、ネットでも予約でき早ければ往復£8.00で行けるようです。但し、返金などはできないようなので注意!

コルチェスター駅からはタクシーで。優しそうな感じの運転手さんに印刷してきたベス・チャトーGのプリントをみせ、「ここに行って下さい」と言うと即OKの返事。とはいえ、ぼられるといけないのでいくら位か聞くと£10くらいというので、後は天に任せてタクシーへ乗り込みました。見た目の通り、とっても良い運転手さんで、運転中も今日は「a fine day so cold」を連発。よく晴れた気分の良い日でしたが、ホントに寒かった。

という事で無事ベス・チャトーGへ到着。

B1-1.jpg 

B1-3.jpg
 

だいたい9月でガーデンは閉園するそうですが、ベス・チャトーGだけは冬の間もオープンしているそうです。ショップで入園料一人£5.00を払いガーデンの中へ。まずは、入口すぐの所で黒猫ちゃん(命名 ベスネコ)がお出迎え。といっても、日当たりのよいフカフカ落ち葉のベットでお昼寝中。こんなステキなガーデンで贅沢ですね。

B1-4.jpg B1-5.jpg


 
大きな木と植物たち。前日とは打って変わっての良い天気。でも、ここだからなのか、秋のせいか、太陽の光がとっても優しくて違う世界に迷い込んだようでした。木や植物が「自分で生きているんだ」ってスゴイパワーを感じるのと同時に、何か自分もパワーをもらったような (これ以上パワーアップしたら困るという声も聞こえてきそうですが…)


B1-6.jpg


最後に、南米原産のグンネラ。TVでも放送されていましたが、これから来る厳しい冬に向け防寒対策の真っ最中。芽の先端が痛まないように大きな葉を裏返して、春まで新芽を守るようです。ガーデナーの方々の作業も大変。

ベス・チャトーGまだ続きます。写真がいっぱいでどれを紹介したらよいか迷うばかりです。

【2010/11/18 21:05】 | お出かけ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
どたばたイギリス旅行記 Vol3
滞在3日目。本当は、ベス・チャトーガーデンに行く予定だったのですが、天気が悪く予定変更。

11月に入ると、ロンドンは毎日、曇りや雨が続くそうです。しかも、風も強い。前日の天気予報でも「雨風強いので明日は注意」みたいな事を放送していました。(英語わからないので、なんとなく単語で…)

最終日に予定していた、お買いものを1日繰り上げて雨でもOKな室内中心にチェンジ!


L3-3.jpg L3-4.jpg



 
ロンドンのストリートは賑やかです。場所によって雰囲気が多少違いますが、日本の新宿や渋谷、銀座みたい。ちょっと似ているかなと思いました。

上の写真は、花柄模様で有名なLibertyデパート前の花屋さんです。おしゃれ~ですよね。今回、秋あじさいなのか、わかりませんがいろんな所でアジサイが咲いていました。ロンドンの秋はアジサイが定番なのかな?

L3-1.jpg L3-2.jpg

 
お店の中は、Libertyプリントの生地がいっぱい。手芸が苦手な私でも生地が欲しくなるほどでした。クリスマスのオーナメントもたくさん売っていましたよ。金・銀・白・赤・青・黄色・緑・橙など色別にディスプレイされステキなものばかり。ガラスあり、ビーズありといっぱい買ってきたかったのですが、「割れる」とダンナサンに言われ写真のボールを。一番支障なさそうだったので!(^^)!

右が前回お話ししたスコップ。ギザギザついいてて便利そうです。



L3-5.jpg


ロンドンと言えば「ビッグベン」です。うちのダンナサンは、英語の授業で覚えた「big ben was london」を言い続けてはや○○年と今回の旅行中も何回言って行っていた事か!耳にたこです

L3-6.jpg


最後に、ナショナルギャラリーです。ご存知の方も多いと思いますが、イギリスはというかヨーロッパなのかな。美術館や博物館が無料の所が多いです。大英博物館やナショナルギャラリーもタダ。

ゴッホやモネ、レンブラントなどなど一流の絵がいっぱい飾ってあるのにタダなんですよ。なんと羨ましい~ことか。映画や舞台も日本とは桁が違う。(安い方ですよ!)

一流のものが身近にありしかも安い値段でみる事が出来る。こういう文化の国だから、金銭的には苦しくてもちょっと豊かな生活が送れるというか余裕があるというか…なのですね。日本も、こういう点は変わっていくと良いなと思います


次回、いよいよベス・チャトー・ガーデンへ。

【2010/11/17 20:37】 | お出かけ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
どたばたイギリス旅行記 Vol2
イギリス滞在2日目は、オプショナルツアーでコッツウォルズへ。

滞在時間が多い方が良いと思い、1日フルのコッツウォルズツアーにしました。モートンインマーシュ・ボートンオンザウォーター・バーフォードと3つの場所を巡るツアーだったのですが、人の少ないただはちみつ色の建物ときれいな緑を想像していたのとは、やや違う雰囲気。どちらかというと、既に観光化されていてお店を見て回る感じでちょっと残念。もっと、田舎田舎している所に行きたかった。初めての場所では、何事も行ってみないとわからない事が多いですね。

それにしても、建物はレンガ造りでかわいいし、ハンギングもステキにディスプレイしてあり、雰囲気たっぷりのお店やホテルがたくさんありました。


L2-1.jpg

ちいさなカフェです。窓からのぞけるケーキも美味しそうだし、ハンギングも可愛いですね。

L2-2.jpg


L2-3.jpg


もう、クリスマスのディスプレイです。ヨーロッパとクリスマス。似合います♪


L2-4.jpg


こちらのお店「スコッツ」でBurgon&Ballのスコップの先にキザキザがついたものを購入!写真がないとわからないですね。今度アップします。砂が、こぼれにくいとか球根を掘ったりするのに便利な1品。最後の1個だったからかお安くなってました。ラッキー 

L2-5.jpg 

コッツウォルズの街並です。うつくしい~


L2-6.jpg


ホテルに飾られたハンギング。看板もおしゃれ~ですよね。以前どこかで聞いた話(吉谷先生かな?)日本の看板ってただ目立つようにだけ作られているから街はステキにならない。(京都などは別として)電飾ビカビカの看板やタダ大きいだけのもの…ただ、今の日本でそれを規制するのは、かなり難しいと。

確かに、看板ひとつでも統一感があれば。(もちろん日本ですから和の感じで)ステキな街になって地域活性に役立つと思うのだけれど…と考える旅でもありました。
【2010/11/15 20:00】 | お出かけ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
どたばたイギリス旅行記 Vol1
ブログのアップがだいぶ遅くなりました。スミマセン<(_ _)>

というのも、旦那さんが勤続〇〇年の為、5日間の休暇と心ばかりの金一封(こんな時期に贅沢なと言われてしまうかもしれませんが…ホントは普段帰ってくるのも遅くヘロへロになって仕事しているんだからもっと奮発してよと思ってしまう。まあこの話しは置いといて…)をいただけたので、旅行の為に貯めておいたお金とあわせ、なななんと11月6日~12日までイギリスへ行ってきちゃいました。

本当は、花の季節の6.7月にいければよかったのですが、何事もギリギリにならないとやらない2人なので、12月は年末で忙しいし、2.3月は期末だしって事で11月くらいしか休みとれないと急きょ決定!ツアーとるのも、一苦労~やっぱり計画的にいかないといけません。反省(>_<)


L1.jpg


何とか、滑り込みでフリーのツアーがとれ、しかも、ラッキーな事に乗ってみたかった、バージンアトランティック航空の座席ならとれますという事で一路、イギリス、ヒースロー空港へ!


L2.jpg


初日は、何もわからないので、OPでロンドン市内観光へ。ロンドンブリッジにビッグベン・国会議事堂・グリニッジ天文台などを尋ねました。

L3.jpg


ロンドン名物?バッキンガム宮殿の衛兵交代式です。もう寒かったのでコートを着ての交代式。ホントは、キット〇ットのCMのような赤の服が見たかった(>_<)

L4.jpg


そしてそして、イギリスと言えばガーデニングの国!!!何が目的って花、ガーデンが見たかった。時期が遅いのでお花も少なかったのですが、でも街のあちこちにハンギングやコンテナが…

このハンギングステキ~アイビーとゼラニウムかベゴニアかと思い写真に撮ってきたのですが、じっくり今日写真をみたらもしかしたら、造花かも…でも、本物と見間違えるほどのハンギングです。


L5.jpg


続いては、普通のお宅の玄関前。誰もいなかったので「とらせて下さい」と日本語で言い、勝手にパチリ。

シンメトリーに置かれた、柘植のトピアリー(しかもスパイラルにカット)と赤のシクラメン。コンテナは玄関ドアの色と合わせたんでしょうね。シンプルだけど心憎~いなあ。

L6.jpg


今、イギリスは紅葉真っ盛り。でも、風が吹けば終わりと言っていました。日本と違い、木々が黄色くなり、あっと言う間に風で散ってしまうそうです。そして、木のほとんどが黄色の紅葉。日本のように、赤に染まるもみじのような木はないそうです。

でも、十分きれいだし、芝の上の落ち葉ですら、絵になるロンドンです。


他にも、「コッツウォルズ」・今回の最大の目的地「ベスチャトーガーデン」にも行ってきましたよ。またまた、アップするのでお楽しみに!(^^)!

【2010/11/13 17:35】 | お出かけ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。